必ず検診を受けましょう|後縦靱帯骨化症とは|誰にでも潜んでいる病気

後縦靱帯骨化症とは|誰にでも潜んでいる病気

必ず検診を受けましょう

女性

早期発見で治せます

女性の多くが最近関心を寄せている病気に乳がんがあります。若くても乳がんによって命を落とす人も多く、芸能人でも闘病生活をしている人も増加したため関心が高まっています。このため、乳がん検診を受ける女性が増加傾向にあります。乳がんは早期に発見することで、治療が可能な病気であるため検診や自身でも定期的に調べておくことが大切なのです。乳がんは唯一自分でも発見がしやすいがんでもあることから、日常から自己検診を行っている人も増加しています。女性らしさを象徴するパーツの一つでもあるため、乳がんによって切除などをしないためにも早めの検診や発見が必要なのです。メディアでも多く取り上げられるようになったことから、大きな関心を集めている病気です。

検診方法の選択が大切です

乳がんの検診は主に3つの方法があります。1つは触診であり、自分や医師が手でしこりを探すことでがんを発見することができます。もう一つはマンモグラフィ検診ですが、乳房を平たく伸ばして内部のがんを発見する方法です。この方法は40代以上の人には有効ですが、若い世代の乳腺が発達している世代にはあまり向かないものだとされています。また、日本人のように乳房が小さい人種の場合にはあまり有効ではないという見解もあります。最後に超音波検診ですが、これは世代を選ばずに乳がんの発見が可能な方法です。細部までみることが可能であり、日本人にも適した方法といえるでしょう。年齢に合わせた検診を年に1回から2年に1回程度受けておくことによって、早期に乳がんを発見することが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加