下半身の大事な静脈|後縦靱帯骨化症とは|誰にでも潜んでいる病気

後縦靱帯骨化症とは|誰にでも潜んでいる病気

下半身の大事な静脈

病棟

血管の仕組み

下肢静脈瘤とは足に瘤ができる静脈の病気です。静脈は皮膚が薄い部分にうっすらと透けて見える青い血管で、この部分の血管がボコボコと浮き上がっていたら下肢静脈瘤が疑われます。静脈とは血液を心臓に送り返すための血管です。人間は立って歩く動物なので、足にある静脈は心臓に向かって下から上へ血液を流します。下半身から上半身へ血液を運ぶのが静脈の役割で、そのために逆流させない静脈弁があります。これが正常な下肢の血液の流れで、この静脈弁が壊れると血液が逆流してしまい静脈瘤が第二の心臓といわれるふくらはぎ部分に発生します。下肢静脈瘤の症状は、足がむくんだり、重く疲れやすい、こむらがえりや湿疹ができるなど、足にいつもと異なる違和感を感じることがあれば注意が必要です。

脚の浮腫みが発症のサイン

このように弁の動きが弱くなると血液を上に押し上げる力が不足してしまい次第に足が重くなってきます。症状が重くなると色素沈着や突起、潰瘍など美容上の問題も出てきます。下肢静脈瘤の治療は症状によって異なりますが、診療するのは主に血管外科です。病院によっては内科や形成外科でも診療を行っています。治療法は外科手術と専用のストッキングや包帯などで進行を止める着圧療法、筋肉注射で血管を固める硬化療法があります。下肢静脈瘤の治療は病気の症状に合わせてこれらを組み合わせて行われます。また一度壊れてしまった弁は元には戻りません。そのため下肢静脈瘤を根本的に治すためには、血管の太い部分の血液の逆流を止める必要があります。早期に治療すれば回復も早く体への負担も少ないので、正常な血管を守るためにも決断することをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加